脇の臭いを改善する手術って本当にあるの?


こんにちは、あかねです。
脇の臭いには個人差があります。

気にするほど臭わない人もいれば、私のように強い臭いを発する人もいたりします。
そこまで気にならないのであれば普段の生活を見直すことで改善したりもするでしょう。

そうではない場合は手術という選択肢もあります。

akane-wakiga_surgery004.jpg





ただ、手術は何をやってもダメだった時の最終手段のようなものですので、
簡単に決めたりせずメリットやデメリットを知った上でどうするかを判断した方が良いです。

akane-wakiga_surgery002.png

setting-icon.png【剪除法(せんじょほう)】

3cm~5cm程度メスを入れてそこから見えるアポクリン汗腺を取り除いていく手術法です。
アポクリン汗腺はしっかり目で確認しながら切除していくためしっかりと取り除くことができます。

少しばかり傷が大きくなってしまいますが、わき毛が少なくなったり
入院する必要もない治療方法です。

akane-wakiga_surgery005.jpg

しっかりとした技術のない所で受けてしまうと傷跡が目立ってしまったりするので
慎重に選んでいくようにしてください。

akane-wakiga_surgery007.png

setting-icon.png
【皮下組織吸引法】

1cm程度の穴を開けてそこからアポクリン汗腺などを吸引していく方法です。
傷跡は剪除法に比べて小さいのですが、管で吸い取っていく方法は剪除法に比べると
しっかり取り除くことができない場合があります。

akane-wakiga_surgery008.jpg

場合によっては根元の部分が残ってしまって再発する恐れもあるので
そこには十分注意しないといけません。

akane-wakiga_surgery011.jpg

check-icon.pngこの他にもいくつかのワキガ手術方法がありますが、それぞれメリットやデメリットがあります。
いい加減に決めてしまうと脇の臭いをしっかり改善できなかったり
術後、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。



そうならないためにもまずはいろいろな方法を調べたり腕のいいドクターを探してみたり、
気になる所があるのであれば直接話を聞きに行ったりしてみるといいかもしれませんよ。

また、しっかりとしたカウンセリングをしてしっかりと「試験切開」をしてくれるのか。
重要なポイントです。




<関連記事>


akane-wakiga_vvv001.jpg
先日も紹介しましたが、さらにワキガ対策を強化すべく新しくブログも立ち上げました。
今日はその記事の紹介も含めてワキガ撲滅運動の強化を図りたいと思います



20170316_2046181.jpg