年齢別わきが対策治療

こんにちは、あかねです。
ワキガ対策頑張ってますか

ワキガは体質なので、遺伝的なものがほとんどです。
残念ながら、発症したら(わきが病気ではありませんが)自然に治ることはありません。

でも諦めないで(o^∇^o)ノ
イヤなニオイをブロックする有効なほうほうはカンタンです。


akane-blog_hfg001.jpg






ワキガの臭いの原因はアポクリン汗腺から出る汗と皮脂や皮膚についている細菌などが合わさることで独特な臭いを発生します。

このアポクリン汗腺の量が多ければ多いほどワキガになる可能性が高くなります。
そして、この量は生まれつきのものなんですよねぇ


つまり、

ワキガは遺伝である


ということなのです。

体質を変えることはできないので、その都度の対処で乗り切っていくことが必要ですネ。
しかし、アポクリン汗腺の量が多くても、生まれたばかりの赤ちゃんからワキガの臭いをすることはありません。


この臭いは、第二次性成長期のホルモンバランスが崩れ始まる頃に、アポクリン汗腺からの汗の分泌が活発化して発症します。

wakiga-care_k01.gif

その頃は子どもであっても自分でも独特な臭いや、服のわきの下の部分の黄色いシミに気づいて、自覚することが多いです。

臭いは、隠しようがないものなので、周りに気づかれることで恥ずかしい思いをしたり、いじめへの発展も考えられます。


そうなる前に親としてきちんとした対処をしてあげることが大切です。


wakiga-age_002.jpg


代の頃の対処法としては、

まずは常に清潔にすること、汗を洗い流すことが大切です。


汗をかく時期には寝る前の入浴に加え、



App-clean-icon.png朝もシャワーでわきの下を流す


App-clean-icon.png学校などには清潔な濡れタオルやウエットシートなどを持参して、マメに拭く


App-clean-icon.pngワキガ専用のデオドラントクリームを塗る


などのケアで乗り切ることが出来ます。


ワキガはある年齢になるとアポクリン腺が萎縮してきて、臭いが弱くなる傾向があります。


アポクリン汗腺にも寿命があるということなんですよね
ワキガの治療法としては、一番有効なのは手術です。

手術には簡単に行えるものから本格的な除去までいくつか方法があります。
確実なのはわきの下を切開して皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺を全て取り除き、またそこを縫合する方法です。


アポクリン汗腺さえなくなれば独特な臭いはなくなります。


wakiga-age_003.jpg

しかし、この手術は傷が残ること、手術後に痛みやひきつれが起こることなど、リスクが大きいのも事実です。

そして、少しでもアポクリン汗腺が残っているとまたワキガが再発することにもなるので、私的にはおすすめはできません。


woman_arm_ss1.png
前述もしたように、独特の嫌な臭いに対応するには、清潔を心がけることと専用のクリームを使用することがリスクもなく良い方法です。

しかし、量販店で売っているデオドラントクリームは、効果が薄いものが多いです。
なぜなら、普通の汗の臭いにも対応するものが多いので、消臭効果が薄いからです。

wakiga-age_004.jpg

その点、NET通販でしか購入できないものは、ワキガに特化して作られているものなので、強い消臭効果成分と、細菌の繁殖を抑える成分が配合された強い消臭効果が期待できるのです。

実は、私は強度のワキガなのです


思春期の頃から悩み、汗をかくのがこわくて運動部をやめた経緯まであります
常に周りに臭いがしないかを気にして生活していました。

親にも相談できず、一人で悩んでいましたが、ある日友人に思い切って相談したところ、専用のクリームがあることを教えてくれてクリアネオに出会ったのです。


akane-newcle_bb009.jpg


これは本当に私の救世主であり、楽しく生活できるきっかけになったものです。
とにかく消臭効果が高いのが気に入ってます。

長時間の消臭が可能なので楽であり、また普通の化粧品と同じような見た目なので、化粧ポーチに入れておいても違和感がありません。

持ち歩けることで気になったら外出先でも塗れる良さがあります。


クリアネオのおかげで臭いを気にすることなくみんなと同じように楽しく生活できるようになりました。
もし私と同じようなことで悩んでいる人がいたら、これを教えてあげたい




akane-newcle_001.jpg





<実際に私が使用した徹底レビュー記事はこちら>









<<関連記事>>


wakiga-sex_l001.png
簡単に説明すると、アポクリン汗腺から出る汗が皮脂や皮膚にある細菌を合わさることで独特の嫌な臭いを発生します。この元となるアポクリン汗腺は、生まれつき量が決まっています。続きはこちら




wakiga-age_005.jpg