アラサーわきが女子の奮闘物語

初恋は小学校五年生の時。
クラスメートで同じ班の男の子を好きになりました
背は低いけど、笑顔が素敵な男子

akane-gimon_llo004.jpg





きっとむこうも、私のことをちょっとは気にしているはず。
心からそう信じていたのです。

ある日みんなでゲームをすることになりました。
誰が好きかを皆が告白するというゲーム。
彼はきっと私の名前を挙げてくれると思いながら、ドキドキして彼の順番を待っていました。

ところが彼の口から出てきたのはクラスで三本指に入るくらいの美人の女の子の名前です
高電圧の電流が体全体を走り抜けたのを感じました

それもそのはずです。
美人で細くて、性格もいい女子に私なんかが叶うわけはありません。

一方私はというと、太めで、目は一重で腫れぼったくどの角度から見ても、かわいいとは言えません.

arasa-wakiga_002.jpg

髪は天然パーマでもある。

決定的なことは、ワキガであること(`ε´)

もしかして両想いかもと、ひと時でも思っていた自分を情けなく思ったものです(´_`。)

現実を知ったのは木枯らしが吹き始める、小五の秋でした。
淡い失恋はその後のアラサーわきが女子の人生を象徴していました。

卒業後就職した会社は、社員が全員で十名ほどの零細企業。
ワキガであるというのは、生活すべてに影響を及ぼします。
仕事では小さなミスから大きなミスまでが日常茶飯事でした。

清潔感のあるかわいい子は得です。
ミスはかわいいと許されます。
かわいいと逆に、仕事ができている方がダメなのです。

かわいいからミスが許されるのではなく、かわいくてミスをすることで一層好感度が上がります。

ところがアラサーわきが女子の場合、ミスは許されません。
間違えても、怒られるだけです。
完璧にして当たり前、間違いは問答無用です。

もはや人権もありません。。。。・゚・(ノε`)・゚・。

言い訳をすれば、ワキガが気になって仕事に集中ができないのです。
ワキガさえなければ、人の話を真剣に聞き、取引先への連絡を忘れることは決してありません。

コピー用紙がつまらすことさえ起きないはずです。

そうです。。。アラサーわきが女子は常にワキガのことで頭がいっぱいなのです

当然恋愛に関しても、奥手です。
社会人になってからも、心惹かれる人は何人もいました。
いい感じになりそうに思えて、今がチャンス!
という時に実は本命がいたことを知ります

小五の失恋から始まり、何度も高電圧に襲われ続けています。

arasa-wakiga_003.jpg

すべてワキガのせいだと考え、量販店でワキガケア商品を片っ端から試してみることにしました。

ロングセラー商品から新商品まで、すべてお試し済みです。
売り場担当者は、私のことを商品開発者だと疑っているに違いありません。

mania_wakiga001.jpg

これだけの商品を試しても、においは完全にはなくなりません。
中には全く効果のない物もあり、商品開発の段階でどのようなテストがなされたか疑問に感じるほどです。

ワキガ難民として月日が流れたある日

通販で偶然「クリアネオ」のことを知りました。
遂に救世主の登場です!!

これまでの悩みがうそのように消えました。
ついにワキガからの解放です。
自分から全くにおいがしないことが、これほど素晴らしいとは知りませんでした。

とうとう無臭人間になれたのです。
開発者に心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ

ワキガにサヨナラしてからというもの、自分に自信が持てるようになりました。
集中力が高まったので、もうコピー機を詰まらせることもありません
メイクをして、おしゃれな服を着て、胸を張ってあるけます。


自信というものは、どんなエステよりも効果があります

内面から輝いてきたように感じます。
恋の予感さえしてきました(*・人・*)
今度こそきっとうまく行く結婚へのゴールインも夢ではない

やっとつかんだ人生は幕が開き、
そこには自信に満ちた私がスポットライトに照らされて立っているのでした。

arasa-wakiga_004.jpg


管理人の「クリアネオ使ってみたよ♪」徹底レビューはこちら

IMG_0118.jpg



<関連記事>







akane-gimon_llo005.jpg