アラル海ほぼ消滅 NASA発表

こんにちは
あかねです。


台風はここ福岡北部ではさほど影響なく過ぎ去りました。
すっかり秋も深まり肌寒い毎日です。


ワキガのケアも楽になりましたね黒ハート

この時期が油断すると春先まで泣くことになる・・
とはこのブログで度々言ってきました。


手軽に「衣服の消臭」を実践したレビューブログも
是非読んで参考にしてくださいね。


ワキガに効果的な消臭スプレーの記事はコチラ


さて、かつては世界で4番目に大きな湖だった「アラル海」が
ほぼ消滅しているというのです。

oop03.jpg


過去14年で縮小を続け、有害な砂をまき散らす広大な砂漠と化してきました。
米航空宇宙局(NASA)はこのほど、湖の縮小規模を示す画像を公開しましたね。


oop0.jpg



◆「アラル海」
中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンの国境をまたぐ地域にあります。
現在は元の湖の中心だった部分が「南アラル海」

縮小は今年に入ってピークに達し、南アラル海の東側の部分が
完全に干上がってしまいました。


NASAによると、
原因は旧ソ連が60年代、農業用水を確保するため、
この2つの川の流れを変え水を運河に流入させたため。


この影響によってアラル海は縮小を始め、塩分濃度が上昇。
肥料や化学物質で汚染された湖底が露呈。
この土壌が風に吹かれて周辺の耕作地に広がった結果
耕作用にさらに多くの水が必要になったのです。


それまではアムダリヤ川とシルダリヤ川の2つの川が注ぎ込み、
雪解け水や雨水が流れ込みかつては世界第4位の綺麗な湖でした。

oop2.jpg



水位の低下に伴いこの地域の気候も変化してしまったそうです。

oop1.jpg




そして気温の変化を和らげてくれる水がなくなったため、
冬は一層寒く、 夏は一層暑くなったとNASAは解説しています。





地球温暖化など環境が人類の手によって改悪されてゆく。
ホントに真剣にこの問題を考えなくちゃいけない。

戦争なんかしてる場合じゃないですよexclamation
加担するのも。