顔汗を止める豆知識

こんにちは、あかねです。
顔汗対策がんばってますか?
顔汗って人目に付きやすくて恥ずかしい思いをすることも多いですよね。
酷くなると顔から汗がしたたり落ちることもあり、ビジネスや人付き合いのときに苦労してしまいます。

管理人あかね
そんな顔汗を改善する方法を調べましたので、参考にしてください。
お金をかけずに直ぐに実践できる方法~効果的なケアまでいろいろ紹介しますネ


前回の記事はこちら

顔汗をかかない魔法が欲しくありませんか?

2018.06.18

顔汗って病気なの?その原因とは

特に暑い時期でもない

全身はそれほど汗をかいていない

しかし、顔汗だけが酷い😰

 

そんな困った経験はありませんかDocomo108
✅このようになるのは、単純な多汗症というよりは精神的な発汗であるケースが多いようです。


❶一般的な多汗症というのは、人より汗腺の多い体質の人が汗を大量にかくものです。

➋精神的な多汗は潜在的な不安が引き金となり、体の一部分に大量に汗をかきます。



中でも手や顔は人目に付きやすく、汗が目立つので発汗に対して特にマイナスのイメージが付いて回ります。

何らかの状況で精神的な不安を抱くことにより、それはおこります。
・汗を見られたら恥ずかしい、
・自分が注目されかねない状態で汗をかいたらどうしよう
 

という気持ちがより強くなるんですよね。

そして、できるだけ人には知られないようにしたいと意識した結果、より汗をかいてしまいます。

それを人に見られることに対する不安や恐怖心がさらに高まり、かえって顔汗をかきやすくなるという悪循環を繰り返します。


✅ここまで来ると、恥ずかしいだけでなく一種の精神的な病気の一つともいえますので、病院できちんと受診する必要があります。

管理人あかね
しかし、このタイプは身体的な疾患ではないため、適切な対策を実施することによって、発汗量を人為的に抑えることは可能です。

実際、カウンセリングや様々な対策を講じることにより、投薬なしに顔汗を抑えられたという人もたくさんいるらしいです。

複数の方法を同時に試すこともできますし、まずはできる範囲から顔汗対策を始めてみてはいかがでしょうか。


病院での治療としては、発汗量を抑えるとされる薬の処方や交感神経を切断する手術などがあります。

即効性は期待できますが、費用面や健康面でのリスクもありますので、主治医とよく相談して治療を進めるようにしましょう。

顔汗を治したいならこれもやってみて!

顔汗に悩む人は多く、今までにいろいろな対策が紹介されてきました。
現在ではネットでそれらの情報を収集するのも比較的容易であり、簡単に試せるものはすぐに実行できます。


まず、意外と効果が期待できるのがツボの圧迫による一時的な制汗です。

これは顔にあるツボではなく、小指の横の感情線の延長線上にあるツボや、脇の真下、アンダーバストのすぐそばなどにあります。

✅これらのツボを刺激することで一時的にではありますが発汗量を抑えられますので、仕事やデート中など、どうしても汗をかきたくないという時にお勧めです。

 

体が熱くなっているときに汗をかいた場合の対処法

保冷剤などで首の後ろを冷やしたり、冷たい飲み物を飲んだりすると汗をかくことを緩和します。
汗はそれほど出てこなくなります。

普段顔汗が酷くないという人でも、体内にこもっている熱を発散するために顔から大量に汗をかくケースがありますが、このタイプは特に体温を下げることで即効性が期待できます。

運動不足も汗をかく原因

運動不足の人も汗腺の働きが鈍っていて、適切な量の汗をかけなくなっていることがあります。

日頃から継続的に適度な運動をして汗腺を鍛えておくと良いですよ😋
発汗量のバランスが取れるようになり、極度の緊張でも分泌量がそれほど増えずに済みます。

精神的な面での汗ケア

精神的な面では、大事な会合等の前にブレイクタイムをとって気持ちを落ち着けるようにしましょう。

・早めに行動して焦らないようにする。
・精神的なストレスを抱えないように毎日のライフスタイルを見直す

など、できるところからケアすると改善されていくでしょう。


精神面のケアは、自分なりの気持ちの切り替え方法を見つけたり、効果が期待できる対策方法などを知っておいたりすることで改善しやすくなります。

心因性の顔汗だとしても、汗を抑えるために有効な方法をいくつか調べておくようにしましょう。

ネットの専門制汗剤も使いやすい!

このように、顔汗ばかりが酷いという時には、全身に大量の汗をかく人とは原因が異なっているケースがほとんどです。

そのため、単純な多汗症のときとは異なる対策も試してみるのがおすすめです。

管理人あかね
精神面による影響が大きいということで、使用しても無駄だろうと一般的な多汗症に使われる制汗剤を使わないという人も多いです。

しかし、一般的にみて制汗剤を使うことで物理的に汗の量を減らすことは可能です。
何よりいざという時に役に立つアイテムがあるという気持ちを持っていれば、強い不安や緊張に襲われることが少なくなります。


 
実際に発汗した時に使う使わないは関係なく、汗を止められずに恥ずかしい思いをすることがないという気持ちになることができれば、ケアとしては大成功と言えるのではないでしょうか。
 

とはいえ、一般的に販売されている制汗剤はそれほど高い抑制効果は期待できませんので、手汗や顔汗専用のネットで販売されている専門制汗剤のほうがお勧めです。

こちらは実店舗で取り扱わない代わりにコストを抑えており、手ごろな金額で高い効果が期待できる商品が多く見られます。


実際に利用した人のレビューでも高評価のものが多く、容器もコスメのような外観で、化粧直しのときに気軽に使えます。

デオドラント効果のあるもの、保湿成分が入っているもの、抗菌作用が期待できるものなど、賞品によっていろいろな特徴がありますので、自分に合うものを探してみましょう。


気に入った商品は定期コースを利用すれば、なくなるころに自動的に新しいものが届くうえ、定価よりもかなり割引されている価格で購入できます。

顔テカ・化粧崩れケア【サラフェ+(プラス)】に大幅リニューアルした件

2017.03.02

なお、定期コースを申し込んだときの最低利用機関などについては、メーカーによって細かい決まりに違いが見られます。

平均的には、通常は3か月程度の継続義務期間があり、それを過ぎると自由に解約できるようになります。


4回目以降は48%オフになるサラフェ

星右斜め下SaLafe+(プラス)公式サイトはこちら


管理人あかね
あなたが解決したい悩みは下記カテゴリーより選んでください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です