デリケートゾーンの黒ずみ対策用の下着選び

こんにちは、あかねです。
デリケートゾーンの黒ずみは普段見えないところではありますが、自分ではとても気になるところです。

日々の肌ストレスをおさえていくことが対策のポイントとなります。

管理人あかね
そのための下着選びについてどうすればよいか考えてみました。
悩んでる貴女ならすでに実行してるかもしれませんね。


前回の記事はこちら

デリケートゾーンのムダ毛処理(黒ずみケア)間違うと大変!な件

2018.06.15

「黒ずみ予防」オススメな下着素材とは?

デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因として、下着が触れることで摩擦が起き、刺激となってしまい肌を荒らしてしまうということが挙げられます。


それを防ぐためには、できるだけ肌に優しい素材でできた下着を選んでいくことがポイントとなります。
最近の女性向け下着はデザイン性を重視しているものが多く、ポリエステル素材などで作られていることが多いです。

こうした化学繊維は肌との摩擦も強くなりがちで、肌荒れにつながりやすいため、結果的に黒ずみとして跡が残ってしまうことになりがちです。

そのため、天然素材である綿や絹といった素材でできたものを選んでいくようにするのがオススメです。


肌への当たり方もやわらかくなり、トラブルを起こしにくいので黒ずみにくくすることにつなげやすいです。
また、綿100%であれば通気性もよいですから、化学繊維で通気性の悪い素材と比べて蒸れなどの影響も出にくくなります。

管理人あかね
通気性の良い素材であれば蒸れによる肌荒れから黒ずみにつながるという事も防ぎやすくなるのです。

どうしてもデザインのかわいい下着などに目がいきがちですよね。
デリケートゾーンの黒ずみが気になるような方は、普段は肌に優しいものを中心に利用して肌への刺激を極力減らしたほうが良いです。

そして、大切な日だけデザイン性の高いものを取り入れるという形で使い分けていくのが良いでしょう。

 

黒ずみ対策下着は機能もダイジ

 

素材を選んだら、次は機能性をチェックしてみましょう。
先ほどのように通気性の良い物であれば、蒸れによる影響を抑えやすくてよいです。

そのほかにも、摩擦によって乾燥が進み黒ずみにつながっているようなら、保湿力の高いものを選ぶという事もポイントになってきます。
また、体に身に着けるときにはどうしてもフィットさせなくてはならないので、ゴムなどを利用したものが多いです。

ゴムがきつすぎたり、ゴムが肌に当たるように縫い付けられていたりするようなタイプでは、そのゴムの硬さや素材の刺激が肌荒れにつながってしまうことになります。


ゴムを内側にくるんでいるタイプなどを選ぶと刺激を減らすことができるでしょう。
ゴムがどうしても合わない場合は、ゴムを使わないで着用できる機能があるものを利用してみるのもよいでしょう。

ひもで止めるタイプなど、形は様々です。
また、縫い目なども肌への刺激を強くしてしまいがちなポイントです。

どうしても縫い目が当たる部分が肌荒れして黒ずみになってしまうという方は、縫い目をなくしたシームレスタイプのものを選ぶと刺激をおさえられます。

 


このように、肌荒れしやすい原因に応じた機能性を持つ下着を選んでいくことで、肌へのストレスを減らして結果的に黒ずみをなくしていくことができます。
自分の黒ずみがなぜ生まれているのかを考えたうえで、必要な機能性を備えたものを選びましょう。

黒ずみ対策下着はサイズもダイジ

 

下着のサイズが大きいのはちょっと恥ずかしい、と思ってワンサイズ下の下着を身に着けているという事はないでしょうか。
そのような場合、締め付けすぎて肌に刺激が加わり、黒ずみにつながっている可能性もあります。

きつすぎる下着はできるだけ避け、余裕を持ったサイズにしておくことがデリケートゾーンの保護には重要です。
全体のサイズがあっていても、ゴムなどがきついとそこが刺激になることがあります。

着用したいけれどゴムがきついという場合は、ゴムだけを取り換えるという事も可能です。

 


 

自分でちょっとひと手間を加えてデリケートゾーンを守る下着に変えていきましょう。
サイズ選びではぴったりサイズより少しゆとりのあるサイズを選ぶのがコツです。

さらに気を付けたいのが、デザイン面や素材がサイズに影響してくるという事です。

いつものサイズで購入したはずなのにどうもサイズが合わないという場合、素材の伸縮性が足りないことや、デザインによって伸縮性が亡くなるという事もあります。

管理人あかね
伸びの悪いレースを縫い付けている時に、それに伸び方が制限されてしまう事もあります。

購入時は見た目や表示サイズだけではなく、実際に身に着けてどうなるかを想定してみてサイズを選んでいきましょう。

 


 
迷ったらワンサイズ上にするということが選ぶうえでの大きなポイントとなります。

あとがき/まとめ

毎日身に着ける下着だからこそ、デリケートゾーンに大きな影響を与えます。
黒ずみができてしまいがちという方は、下着を見直してみることだけでも大きな変化があるはずです。

すでに黒ずみができてしまっている方も、刺激の少ない下着に変えることで肌の状態を元に戻していくことにつながります。
できるだけ刺激を与えないよう、素材や機能性、サイズに注意を払って購入する下着を選んでいきましょう。

 


もちろん薬や化粧品などを利用したケアも必要ですが、やはり常に皮膚に接している下着が与える影響というものは大きいものです。

擦れや群れが生じしてしまえば、せっかくケアをしてもそれが効果を発揮しないままになってしまいます。

 

ケアと同時に刺激を与えないで済むような下着を身に着けていくこという事もケアの一環としてとらえてみましょう。
どうしても下着はかわいいもの、きれいなものを中心に選んでしまいがちです。

管理人あかね
しかし、いつも誰かに見せるものでもないはずです。

黒ずみを作らないようにするため、普段はちょっとデザイン性は横に置いておいて、肌へのあたりが優しく影響が少ないものを中心に身に着けてみましょう。

特に肌荒れしている時には綿100%などの素材を選んでみてください。

 


 

そうすることでデリケートゾーンにも自信が持てるようになり、大切な日の可愛い下着が最もより映えるようになります。

 

<関連記事>

 

「ハーバルラビット/タレント最新情報」デリケートゾーンの黒ずみStop!



今回はデリケートゾーンの黒ずみケアに特化した人気デオドラント「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」の最新情報です。
といってもタレント、ファンションモデル、Sカワ、読者モデルさんが続々と愛用しているというハナシなんですが。星右斜め下続きはこちら

 

「デリケートゾーンの黒ずみ」どうしよう。。(泣)



いきなりシモの話で恐縮ですが、最近、デリケートゾーンのまわりが黒ずんできたような気がしてなりませんゆう★ これは大人女子ともなると、避けられない悩みなのでしょうか……。
デリケートゾーンの黒ずみ解消法について、少し自分なりに調べてみました。星右斜め下続きはこちら

 




ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、黒ずみが気になる部分に使い続けることで気になる部分の色が薄くなると期待されています。
しっとりと潤い、以前にも増して美しく透明感のある肌を手に入れられるでしょう。星右斜め下続きはこちら

 

<デリケートゾーンの黒ずみケア-関連記事->

「デリケートゾーンの黒ずみ」どうしよう。。(泣)

2018.06.17

「ハーバルラビット/タレント最新情報」デリケートゾーンの黒ずみStop!

2018.06.17

デリケートゾーンの黒ずみが取れるクリームありますか?

2018.06.16

デリケートゾーンの黒ずみは日頃のケアが大事!

2018.06.16

デリケートゾーンの黒ずみ解消には最適な保湿剤が不可欠!

2018.06.15

デリケートゾーンの黒ずみ対策用の下着選び

2018.06.15

デリケートゾーンの黒ずみ予防に効果的な食事とは?

2018.06.15

デリケートゾーンの黒ずみ解消にかかる期間(専用クリーム使用の場合)どのぐらい?

2018.06.13

「デリケートゾーンの黒ずみ」ナゼできる?原因と対策

2018.06.12

アソコ訴求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です