「化粧崩れと多汗症」関係あるの?対策編

手汗・顔汗, 多汗症

 

女性にとって毎日の化粧は欠かせない大切なことですが、多汗症や顔汗の量が多く人は化粧ノリが悪くなったり化粧崩れを引き起こしたりしてしまう人も少なくありません。

 

今回は、多汗症や顔汗に悩んでいる人に有効な対策についてご紹介します。

 



 

前回の記事はこちら

「化粧崩れと多汗症」関係あるの?原因編

 

四葉のクローバー多汗症が原因の場合の対策


 

メイク崩れを引き起こす原因が多汗症の場合は、日常生活の見直しをすることが重要といえます。

多汗症は女性ホルモンや自律神経が乱れないようにすることで対策ができるため、毎日の食生活を見直すことも大切です。

 

日頃からカフェインや脂物などを多量に摂取している人は特に注意が必要しましょう。

 

カフェインの摂取は発汗の元となる汗腺を刺激してしまい、揚げ物などの脂分の摂取は体重増加による肥満に繋がります。

肥満体質の人は普通の体型の人に比べて汗をかきやすくなってしまうため、体重の増加には気をつけしょう!

 

 

逆に発汗を抑えることができるのに有効な食材もあって、大豆やハーブなどがこれらに該当します。

大豆に含まれるイソフラボンには血液をサラサラにしてくれる効果があって、それにより体外に出る汗もサラサラにしてくれるのです。

ハーブには心を落ち着かせるリラックス効果が期待できることから、自律神経の乱れを改善してくれます。

こういった点からも多汗症に悩んでいる人は積極的にこれらの食材を摂取しましょう。

 

日々の生活の中でストレスを溜めないような生活を送るために、心穏やかに健康的な肉体を手に入れることも多汗症対策として有効といえます。
そのほかにも、即効性があって最も簡単な方法として、制汗ジェルによる対策もおすすめです。

汗による悩みを抱えている人は増加傾向にあって、需要の増加からいろいろなメーカーから制汗ジェルが発売されています。

 

値段もリーズナブルでドラッグストアーなどで気軽に購入できるので便利です。

値段は安くても朝の出勤前に使用して1日効果が持続する物も多いです。

 

商品によって使われている成分が異なるので、肌荒れなどを起こさないために自分に合った制汗ジェルを選ぶことが大切です。

安心・安全で効果を期待するのであればネット通販の専門汗対策ジェルやパウダーがおススメです。

最後の<関連記事>からご紹介しますね。

 

 

四葉のクローバー顔汗が原因の場合の対策


 

顔汗によって化粧崩れを引き起こす場合は、有効な顔の汗の対策方法の1つに首周りを冷やす方法があります。

首の後ろの部分は体温の調節に効果的な部分なので、この部分を冷やすことで発汗を抑えることが可能です。

 

自宅で朝の出勤前に化粧をする時は、首筋に冷やしたタオルや保冷剤を首の後ろに当てた状態で行えば化粧崩れに悩まされることがなくなります。

 

外出先で化粧直しをする時も同様に、ハンカチやタオルを水に濡らして首に当てると効果的です。

この方法は、化粧をする時だけでなく、日常的に意識をして冷やすようにすることで体温調節が上手くなり発汗を抑えることができます。

 

そのほかにも、半側による発汗方法も有効な方法です。

この方法は、体の一部分を圧迫させることによって別の部分の汗の発汗を促すという作用を利用した対策方法になります。

着物を着た時に顔からの発汗がないのは、帯による締め付けによってこの半側の発汗作用がもたらされているからです。

 

やり方は簡単で、着物の帯を締める時と同様に細い紐で胸元の付近を締め付けるようにするだけです。

 

 

しかし、この方法は顔の汗を抑えることができる反面、下半身などの別の場所の発汗を促してしまうこともあります。

この方法は顔汗対策の根本的な解決とはいえないかもしれませんが、あくまで一時的な顔汗対策としては有効です。

 

これらの方法は化粧崩れに効果的な方法ですが、汗の成分そのものを変えてくことも重要です。

サラサラの汗はさほど化粧に影響は出ませんが、ベタベタの汗は化粧崩れを引き起こしてしまうこともあるため注意が必要です。

 

日々の生活の中で積極的に運動を取り入れて定期的に体全体から発汗を促すように心掛けることで、化粧崩れを起こさないサラサラの汗を作ることが大切です。

 

 

<関連記事>

 

【サラフェ】を使ったら汗かかず!化粧崩れもなくなったよ♪

サラフェに顔汗防止の効果はあるのか?
早速開封しました。
10.5cm×4.8cm×2.5cm
のシンプルな箱。安全成分なども確認できます。

右斜め下続きはこちら

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です