「ワキガ手術で迷ってるなら読んで!第三章」リスクは続くよどこまでも・・

-PR-


まだワキガ手術で悩んでますか?
「ビューホット」でワキガ治療!何が問題?
「ビューホット」ですそわきが治療!何が問題?
 

 
おすすめ記事
ちょっと待って!そのワキガ手術①
こんにちは、あかねです。
ワキガが気になる人、手術をするかどうかで悩んでいますか?

即効性があり、効果も期待できると言われる治療法ではありますが、その分リスクや費用も気になるところですよね。

管理人あかね
まずは手術のリスクを知ってから受けるかどうか判断すると良いでしょうゆう★ 考えうるコトを調べてみました。

 


前回の記事はこちら

「ワキガ手術で迷ってるなら読んで!第二章」病院選びは重要

2018.06.21

ワキガ手術のリスクを知っておこう

ワキガ手術にはいくつかのリスクがあります。
まず、費用面はかなり高額の負担になり、10万円単位の支出を覚悟しなければなりません。

そして、手術自体も様々なトラブルが発生する可能性はあります。例えば、
手術による痛みや傷、肌の変化などのほか、稀に雑菌などに感染して炎症を起こすこともあります。
 

手術の種類は豊富ですが、従来行われていたような目視による手作業の汗腺切除のほかに、小さい傷をつけてそこから汗腺を吸引するという方法もあります。


🚩一般的には、手作業による切除はワキガの改善には大きな効果が期待できますが、肌トラブルや痛み、ダウンタイムなどのリスクが大きくなります。


一方、汗腺を吸引する方法は肌へのダメージを軽減させられますが、目視で切除するわけではないため、取り残しがあってあまり症状が改善しなかったというケースも見られます。


これらのリスクを理解してでも手術を受けたいという場合には、自分のワキガの原因が精神的なものではなく、汗腺の量が多いためである事をきちんと確認しておきましょう。

精神的な問題の場合、手術よりもカウンセリングの方が効果が出やすいことも多いです。

ワキガ手術をしたら色素沈着がおきた!?

ワキガ手術はどのような方法であってもワキに傷をつけることになりますので、色素沈着が発生する可能性は高いです。

色素沈着というのは、肌が傷ついたときに保護するために過剰生成されるメラニンが原因で、日焼けや加齢、脱毛などで定着することがあります。

管理人あかね
手術による傷も肌へのダメージが大きく、その周辺を守るためにメラニンが生成され、それが定着して色素沈着が見られるようになるようです。


また、自分の肌質や体質と手術の相性が悪かったときなど、ワキの皮膚が壊死したりケロイドになることもあります。

こうなると、色だけでなく肌の凹凸もはっきりと目立つようになり、ワキを人目にさらせなくなりますよねゆう★泣き
再発リスクを抑えるためには、傷が大きい手術を選ぶ必要がありますし、肌へのダメージを減らすには再発の可能性を考慮に入れる必要があります。
 

いずれにしても、体に傷をつける治療法ですので、多かれ少なかれ色素沈着が発生すると考えておきましょう。

一度色素沈着になると、その部位は自然に薄くなる可能性は極めて低いでしょう。
また仮に美白ケアを行ったとしても効果が出るまでに時間がかかると思います。
 

事前に担当医へケア方法などを確認しておくことをオススメします。

ワキガ手術後の痛みは?傷は?

ワキガ手術は、術後の肌トラブルも深刻な問題の一つではありますが、痛みや傷による生活の制限なども考慮しなければなりません。

目視によるアポクリン腺の切除を行う剪除法では、手術自体は1時間もかからないケースがほとんどですが、自由に腕を上げられるようになるまでには一週間近くかかり、職種によっては仕事自体を制限しなければなりません。


この方法はもちろん麻酔をかけて行いますが、片側のワキにつき2か所切開するため、術後の痛みはかなり強くなります。


傷跡は一年以上経過しても手術をしたことが分かる程度には残っており、完全に消える可能性はあまり高くありません。

管理人あかね
一方、小さい傷を開けてそこから汗腺を吸引する吸引法は、剪除法ほど効果は高くないものの1cm程度の切開で済みますので、ダウンタイムも2~3日程度で済みます。

縫合すれば傷跡はほとんど目立ちませんが、人によっては色素沈着が見られることはあります。

✅小さいと言っても傷はありますので、術後1~2日程度はやはり痛みを感じます。

傷跡は小さくほとんど目立ちませんが、切開していることもあり人によってはやはり長期的に傷跡が残る可能性があります。

 

あとがき/まとめ

このように、ワキガ手術はいろいろなリスクがあることも考えて受ける必要があります。

管理人あかね
臭いが気になって手術をしたはいいものの、傷跡が残ってワキを露出した服や水着を着られなくなるのは困りますよねアセアセ

補足説明をいれる 少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。
一般的に、治療の中でも売り上げが大きくなる手術を勧める医師が多いですが、カウンセリングの方が効果が期待できるケースもあります。

自分で思っているほど臭いが強くなく、消臭剤・制汗剤の利用やボトックス注射などで十分対応できるというケースも少なくありません。


費用面やリスクのこともあります。
手術ありきで考えるのではなく、まずは誠実な対応をしてくれる病院を探して検査を受けましょう。

本当に手術が必要なのかを自身でしっかり判断しましょう。
近年では、市販品の中にも臭いを抑えたり発汗量を抑制する効果の高い消臭剤、制汗剤などがたくさん出回っています。

私のようにワキガ強でもクリアネオで何とかなっていますヨ😋
個人的には手術を受けなくて良かったと思っている方ですから。


また、ワキガで悩む人は意外と多く、ワキガに関する情報も調べればすぐに見つかります。

管理人あかね
低コストで簡単に始めることができる食事や生活習慣、おすすめのケア用品などに挑戦したうえで、どうしても改善しなかった場合に手術という治療法を候補に加えることをおすすめします。

 

<関連記事>




管理人あかね

あなたが解決したい悩みは下記カテゴリーより選んでください↓
ワキガ手術の関連記事はその下にスクロールするとあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です