「カラダの黒ずみ」ナゼできる?原因と対策

こんにちは、あかねです。
カラダの黒ずみ、いつの間にかできていて驚いたことはありませんか?

私はそんな自分の異変に最近気が付きショックでした悲しい!! でも、原因と対処法を知っておくのと知らないのでは、将来ずいぶん大きな差になってしまいます。

管理人あかね
今回は、まず部位ごとの黒ずみ対策をきちんと理解しておくことから始めましょうニコッ そして、その対策も考えてみました。
キット参考になると思いますヨ💛

カラダの黒ずみの種類

カラダの黒ずみには、いくつかの種類があります。

例えば、バストトップは主に乳輪部分が他の人よりも濃くなりますが、時には色素沈着が広がり、乳輪が以前より大きくなることもあります。


 

また、ワキや膝、ひじなどは元々の色が薄い個所ですが、はっきりと違いが判る程の濃さで茶色の色素沈着が生じることが多いです。


顔はシミになりやすく、できる個所には個人差がありますが、濃い茶色の色素沈着が様々な大きさで肌に広がるようになります。


デリケートゾーンの場合には、元々足の付け根部分に薄く色がついている人もいますが、悪化すると色が濃くなったり、ビキニラインからはみ出すほど黒ずみが広がっていきます。

 


黒ずみが生じる部位は比較的共通していることが多いものの、その色合いや範囲などは部位によって違いが見られますし、対処法も一部異なります。

ただ、いずれも放置しておくと悪化する可能性が大きいかもです泣きkyu

カラダに黒ずみができる原因とは

基本的に、黒ずみは肌への刺激や紫外線などによってメラニンが過剰に生成されることが原因といわれています。

しかし、部位によって直接的な原因は異なりますので、ここは注意が必要です。

例えば、バストトップにできる黒ずみは下着のこすれや妊娠・出産、授乳、ホルモンバランスの乱れ、生理周期などで変化が生じます。

 



ワキ、膝は脱毛による肌へのダメージが多く、ひじは頬杖をついたり乾燥することが主な原因といわれています。

 

デリケートゾーンは下着による摩擦や雑菌の繁殖が考えられます。

 

顔は加齢による影響や紫外線、たばこのほか、日光の紫外線を浴びやすい部位ということも原因の一つです。



このように、原因が異なる場合には予防や対処法も異なってきますので、自分の黒ずみが主にどの部位なのかをまず確認しましょう。

また、予防や対策は早めに行ったほうが、状態が軽いうちに改善できるのでおすすめです。

黒ずみの予防法と対処法

黒ずみを予防するには、それぞれの部位の直接的な原因を改善します。

乳首やデリケートゾーンはできるだけ天然素材で肌当たりの良い下着を使い、締め付けないようにします。

また、乾燥すると刺激を受けやすくなりますので、こまめに専用の保湿クリームなどでマッサージすると安心です。

人気のハバラビ使ってみました。
なかなか良いですよ😋


ワキや膝などの脱毛による影響が大きい個所は、肌に刺激の少ない脱毛方法を選び、毛抜きやかみそりの使用は避けましょう。

お手入れ後に保湿をしっかりすることで、脱毛による刺激を軽減させられます。


薬用アットベリーはバストトップの黒ずみに効果が期待できると言われています。
こちらも早速使用してみました。


ひじはできるだけ頬杖などの圧力をかける姿勢を避けて、乾燥しやすい場所なのでこまめに保湿します。
実際に黒ずみが気になりだしたら、美白効果のあるスキンケア商品や黒ずみ対策専用のスキンケア商品がお勧めです。


ラスターは薬用美白濃密クリームで、色素沈着や黒ずみのリセット効果が時短できる商品です。
こちらを使用した記事はこちらから。


これらは保湿で肌のバリア機能を強化するだけでなく、すでに色素沈着をしている部分を薄くする有効成分も含まれています。

あとがき/まとめきらきら

いかがでしょうか。
今回は要点のみ簡単に説明いたしました。
基本的には、直接的な原因として考えられる部位ごとの対策を予防として実践しておき、それでも黒ずみが気になったら専用の商品によるケアをするといった流れです。
いずれの方法もターンオーバーを正常化したり、肌のバリア機能を強化させるケア方法ですので、肌をしっとりと潤いのある状態に保つためにもおすすめです。

なお、ケア商品はいろいろなメーカーで製造販売されていますが、アプローチ方法や肌への刺激、使い心地などは千差万別です。


信頼できるメーカーで、実際に利用した人からの評価も高い商品を優先的に選びましょう。

一部のメーカーは、実際使って効果が見られなかったときに全額返金するサービスも行っています。
最終手段としてはレーザーなどによる美白治療もありますが、費用が高額ですし効果も個人差が見られますので、まずは自分でできるケアに挑戦してみるのが賢明です。
 

次回よりさらに部位ごとの原因と対処法・ケアについて詳しく解説していきます。
その他の、私が実際に使用した黒ずみケア専用用品に関しては<関連記事>を参照ください。

 

<関連記事>

 

右斜め下星「カラダの黒ずみ」悩みとケア



 






「ひじ・ひざの黒ずみケア」ランキング



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です