「ひじ・ひざの黒ずみ」ナゼできる?原因と対策

黒ずみの悩み

 

こんにちは、あかねです。

いざという時に困るのが、ひじやひざの黒ずみ。

普段は良くても、結婚式でひじ・ひざが出るドレスを着たり、女子会の温泉パーティなど、直前からの準備じゃ間に合わない!!

私自身、それで失敗した苦い経験があります。

なので今回は黒ずみに悩む女子たちのお悩み解決を目指して、ひじ・ひざが黒ずんでしまう理由と、その対処法についてまとめてみましたheart

 

 

 



 

前回の記事はこちら

右斜め下星「バストトップの黒ずみ」ナゼできる?原因と対策

 

「ひじ・ひざの黒ずみ」どうしてできるの?


 

ひじ・ひざが黒ずんでしまう理由は大きく2つ。

それは、「刺激」「乾燥」です!

「刺激」には、摩擦や圧力も含まれます。

ひじやひざは、関節の外側の部分であるため、上着やズボンとこすれて摩擦刺激が多くなりやすい部位。
また、ひじをつけばひじに圧力がかかり、ひざをつけばひざに圧力がかかります。

 

私は普段、部屋でホットカーペットに座って生活しているため、膝立ちで移動することが多い環境……。

そんな毎日がこのひざの黒ずみをもたらしていたのですね!

そして「乾燥」ですが、そもそも、ひじ・ひざは他の部位に比べて乾燥しやすい場所。

その理由は、皮脂腺が少ないためです。

皮膚は乾燥するとくすみやすくなり、肌のバリア機能が低下するために、ダメージも受けやすくなります。

 

今はどこに行っても空調が効いていて、お肌から水分がどんどん奪われてしまいます。

乾燥するのは顔だけだと思っていましたが、見えないところで身体までもが乾燥の恐怖に晒されていたのです!
「刺激」と「乾燥」をできるだけ少なくして、黒ずみから身を守りたいですね。

 

「ひじ・ひざの黒ずみ」ほうっておくとどうなるの?


 

黒ずみがあることには気付いていても、ついつい面倒で放置してしまう……その気持ち、よーーく分かります。
さて、頑固なひじ・ひざの黒ずみですが、ほうっておくとどうなってしまうのでしょう?
その答えは……恐怖の「色素沈着」です!

黒ずみのケアをしないままほうっておくと、皮膚にメラニン色素がいつまでも残っていることになります。

その状態が続くと、メラニン色素がお肌の表皮や真皮にたまってしまい、「色素沈着」と呼ばれる状態になります。

一度色素沈着をおこしてしまうと、長期にわたって継続的にケアをしないと改善が見込めません。

 

 

しかも、最悪の場合、それがシミへと変化してお肌にずっと残り続ける可能性も……!!
お肌にシミができてしまうなんて、女子なら皆、ホラー映画よりも怖い事態じゃないでしょうか?
そうなってしまう前に、今あるメラニン色素を除去して黒ずみを改善し、色素沈着を予防していきましょう!

 

 

「ひじ・ひざの黒ずみ」対処法とは?


 

ケアをしていたつもりでも、ふと気づくとできている。

それが、ひじ・ひざの黒ずみです。
どうすれば黒ずまないのか!?

 

調べた結果、「角質除去」「保湿」「刺激を減らす」の3ステップが有効だとわかりました!
まず「角質除去」
黒ずんでいる皮膚は角質層が分厚くなっている状態なので、角質を柔らかくすることから始めます。
湯船にゆっくり浸かってふやかしたり、ピーリング剤を使用したりするのが有効。

角質が柔らかくなったら、スクラブを使って取り除きましょう。

 

次に「保湿」
黒ずみの原因の一つである「乾燥」から身を守るためには保湿が不可欠です。

ボディクリームを塗るだけでもいいですが、ここで1ステップ加えてみましょう。

それは「ボディ用化粧水」!

ボディ用でなくても、お財布に優しい安価なものでも効果は十分。

化粧水で水分補給をしてからクリームを塗ることで、保湿効果は大幅にアップします!

 

最後に「刺激を減らす」
ひじ・ひざがこすれる動作をなるべく減らし、ひじ・ひざを守りましょう。
パソコン作業などでひじをついた方が楽な場合は、ひじと机のあいだにタオルをしくだけで、負担がだいぶ減りますよ☆

 

 

きまとめきらきら

 

ひじ・ひざの黒ずみは、「刺激」と「乾燥」でできてしまうこと、
放っておくとこわーい「色素沈着」に進行してしまうこと、
対処法として「角質除去」「保湿」「刺激を減らす」の3ステップが有効なことについて、分かってもらえたと思います!

顔と違って、自分では見えにくい場所にあるひじとひざ。

黒ずんでしまっていても、なかなか気づきませんよね。

 

集合写真に写った自分のひざを見て、ヤバい!!と思ったことも多々あります。
ひじ・ひざの黒ずみ対策は毎日の積み重ね。

普段の心掛けが重要です。

角質除去に関しては肌への負担も考えると、週に1回程度がいいと言われていますが、保湿ケアは毎日行うようにしましょう。

また、刺激を減らすためには服の素材を摩擦の少ないものにするのも、効果がありますよ。
普段から刺激を減らして保湿を心がけ、少女のような透明感たっぷりのひじ・ひざを手に入れちゃいましょう!

 

 

<関連記事>

 

右斜め下星「ひじ・ひざの黒ずみケア」(全8記事)

黒ずみのタイプで多いのは色素沈着によるもので、
全体的に黒っぽくなる場合と、くすんでいる中に
部分的に黒が強く出ている部分などがあります。

右斜め下星続きはこちら

 

「ひじ・ひざの黒ずみケア」ランキング

超人気の「ひじ・ひざの黒ずみケア」クリーム3つを徹底比較!

試してみたよ!! あなたにもお気に入りがきっとあるはずDocomo_hart

右斜め下星続きはこちら

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です